英会話スクールで学ぶ~できるビジネスマンのスキルとは~

to topScroll To Top

苦手意識を払拭する

日常英会話とビジネス英語

勉強

日常英会話はそこそこ得意でもビジネス英語には苦手意識を持つ人は多いかもしれません。それもそのはず、さほど気負う必要のない日常会話と、常に礼儀と緊張を問われるビジネス英語ではその基本スタンスに違いがあるのも当然と言えるでしょう。 日常英会話は街中や家庭、学校などある程度自分がリラックスした状態で臨めます。会話の内容も共通の趣味など話していて楽しめるものが多いです。これが無意識のうちに緊張しないスタンスを形成していると言ってもいいでしょう。 英語で自己紹介をする時はまず自分の名前を名乗るのがマナーです。自分が名乗ったら相手も自然と名乗るケースが多いからです。そこから徐々に会話を膨らませていくのは日常英会話でもビジネス英語でも一緒です。

会話はシンプルかつ的確に

自己紹介は英会話の初歩にして王道でもあるのですが、ビジネス英語の場合、そこから如何に話を広げていくか話し手の手腕が問われます。 自己紹介を済ませたけれどその後は無言が続いたのでは意味がありません。そもそも自己紹介とは自分と相手を結ぶつける一番初めのコミュニケーションスキルです。ここを起点にしてありとあらゆる会話が始まると言っても過言ではありません。電車で例えるなら複数の路線の始発駅の様なものです。 ビジネス英語の基本は「伝えたい事はシンプルに分かりやすく」です。1で済むところを5や10の会話をしてしまったらそれはムダ以外の何物でもありません。一分一秒を大事にするビジネスシーンにおいて会話はシンプルかつ的確であるべきなのです。